私が思う基礎的な株に対しての考え方

Posted on May 4, 2015 By

株基礎的

長期保有を行おうとしてる人には株価の値動きはあまり影響しません。
彼らは値が下がれば株を買い増ししていきます。

配当を目的としているため、株価そのものには興味が無いのです。
その場合はいつ購入しても問題ないことになります。

これから株式投資を行おうと考えてる人は、おそらくデイトレードをするつもりなのでしょう。
その場合は株の性質を理解することから始めなくてはなりません。そもそも株式は値上がりするのを待つ投資です。だからこの→これから上がる銘柄情報を皆さん参考にするんです。企業の成長を手助けする目的で販売されているものですので、売却は考えられていません。
株が売買できるのは市場が形成されているためです。

どんなに流動性が低くても、市場に流せばたいていは売買が成立します。
ですので、株を取得する場合は値上がりで利益を得ることを基本とします。
この基礎の部分を理解していなければ、株での投資は上手くいきません。
株は買いから入るものであり、売りからは入れないのです。
ただ、売りから利益を得ることもあります。

これは空売りと言って、他人から株式を借り受け、安くなったところで買い戻して返却を行う方法です。
為替やバイナリーオプション、先物であれば、売りから入ることも可能ですが、株式は売りが特殊な方法となるのを覚えておきましょう。
デイトレードで利益を出すのであれば、銘柄分析よりも、チャートの動きを基本としてテクニカルで攻めるようにしましょう。
多くの抒情企業の中でチャート分析に適合したところを見つけることこそ、デイトレードで勝ち残る基礎となるのです。

株に関するブログ記事


基本的にバイナリーオプションの退会は面倒。

Posted on May 4, 2015 By

バイナリーオプションの退会
銀行口座はとても大事なものですね。
自分のお給料を振り込んでもらったり、口座振替で光熱費を自動引き落としにしてもらったり、クレジットカードの引き落としも自動で行えます。

では、証券会社やFX、バイナリーオプションの口座はどうでしょうか。
口座の開設はとても簡単です。社会的に安定した収入のある人であれば、15分もあれば開設手続きは完了します。
あとは実際に口座にお金を入れてトレードを行うだけです。
ですが、仕事が忙しくてぜんぜんトレードができなかったり、条件の良い別の業者を使いたいと思った場合、口座は閉鎖するべきでしょうか。

確かに口座を残しておくのが不安だと言う場合は退会手続きを行って情報を消してしまうと良いでしょう。
特にクレジットカードを使って出入金を行った場合、そのデータが流出しないとも限りません。
ですが海外の業者だからと言って危ないとか危険だと言うことはありません。
たとえばソニックオプションなどは日本でも人気のあるバイナリーオプション業者ですが、情報流出のような事故は一度も起こっていません。

ですので、その口座を使わなくなったのなら、資金だけ引き下ろしてしまえば良いのです。
閉鎖の手間をかけず、放置しても問題はありません。
口座の維持管理費や手数料と言ったものは発生しませんし、ダイレクトメールや広告が送られてくる心配もないのです。
銀行の休眠口座と同じく、放置しても構わないのです。

それでも心配だと言う場合はサポートから退会を申請すれば簡単にできます。

株に関するブログ記事


主婦でも行っている株式投資!今はだれでも参入できるんだな。

Posted on May 4, 2015 By

主婦でも出来る
株式投資で儲けているのは何もプロだけではありません。
証券会社への口座開設はとても簡単になりました。忙しいサラリーマンや主婦でも手軽に行うことが出来ます。
世の中には暇な時間を利用して株式投資で儲けている主婦の方もいますね。

彼らはいったいどのようにして利益を出してるのでしょうか。
ある主婦の方が雑誌のインタビューを受けていました。
その中で印象的だったのが、”自分の身近なことに対象を絞って投資する”と言うことです。

どのようなことかと言うと、普段の生活の中で自分が気になったテーマについて情報を調べて、それに関係する企業に投資をおこなうと言うのです。
例として挙げていたのが、ある飲み物が新発売されていたとします。
それをたまたまスーパーで見かけて飲んでみたらとてもおいしかったと。

それでネットで調べてみると、自分と同じように思ってる人の声が非常に多いことに気が付きました。
そこで彼女は、その商品がこれから売れるだろうと予測し、会社の株価を調べてみたのです。

すると割安な株価であったので、購入してみたら、商品の売れ行きに応じて株価も上がって行ったと言うのですね。
もちろん、これがすべてではありませんが、彼女は自分の感じたことを株式投資に応用して利益を出していたわけです。
その時に注意するのは、欲を出しすぎないことだと書いてありました。

人は儲かり始めると欲が出ます。
大きく儲けてやろうと思うと必ず失敗するから、ほどほどの利益が出たら次に移るようにしてるそうです。

株に関するブログ記事


バイナリーオプションは今とっても熱くて素晴らしい。

Posted on May 4, 2015 By

バイナリーが熱い
国内でのバイナリーオプションの規制を受けて、多くのファンが海外口座へと移動していきました。
その中でも人気の高いのがスマートオプションと言う業者です。

この会社が人気があるのは、まず日本人向けに専用サイトを構築し、専属の日本人スタッフを常駐させている点にあります。

なかなか日本人だけのためにスタッフを置くことはしないのですが、それだけ日本人の顧客を大事にしてる証拠ですね。
何しろ日本の個人投資家は、ミセスワタナベと呼ばれるくらい大きな力を持っています。

その資金をできるだけ吸収したいと海外の業者はどこも考えていますから、それだけ力を入れているということなのです。
それだけではありません。スマートオプションの特色は直感的なプラットフォームと多彩な取扱商品にあります。
実際にサイトを見てもらうとわかりますが、バイナリーオプション以外にもFXや株式の取り扱いがあったり、原油や金などのコモディティも取り扱っているのです。

これなら自分の得意な分野で投資ができます。

しかもバイナリーオプションではハイロー、ワンタッチ、超短期取引などがあり、どれも初心者にも取り組みやすい形態です。こういう→デジタルオプション 評判などを参考にして行きましょう。もちろん、いきなり資金を投入しての取引は危険ですので、きちんとデモ口座で練習を行いましょう。
バイナリーオプションでの取引経験があっても、新しい業者となればペイアウト率も変わりますし、取引ルールも違います。
それらの違いになれるまで、デモで練習を積み、それから実際の資金を賭けるようにしてください。

株に関するブログ記事


株で取引きを行って行く方法はもちろん人それぞれじゃ。

Posted on May 4, 2015 By

取引スタイル
株式投資の方法は、行う人がいればその数だけあると言っても過言ではありません。

どのような投資方法があるのかは、細かく分類しだすときりがありません。

大まかにいうと、長期で保有するのか、それとも短期で利益を狙うのかによります。
最近は短期保有で利益をとる、デイトレードも盛んですね。

これは本来の株式取引とはかなり違います。

チャート分析により、数時間などと言ったかなり短い時間で値上がりするところをとって行く方法です。これ→おすすめ株式銘柄とかを参考にして売り買いを行って行きます。
そこまで短期でなくても、数日、数週間と言う時間で利益をとる投資方法もあります。
ですが、株式投資のもっとも基本は長期での運用です。

数年以上保有し、そもそも売却もしないと言う考えで持ってる人も多いのです。
それらは資産の分散を考えて保有してるのです。
資産運用では価値の普遍なものへと置き換えることで資産を守る場合、積極的に運用して増やす場合があります。

株式はどちらにも対応できるのですが、長期保有は資産の安全性を高めるために行います。
では長期運用に適した株式とはどのようなものでしょうか。
多くは電力、ガスなどエネルギー関係です。これらは国が存続し、国民がいる限り必ず需要があるものですから安定しています。

他には大企業でも国際的に評価の高いところは比較的安全と言えるでしょう。

為替や原油に大きな影響を受ける企業の場合は値動きが安定しない場合があります。
安定株を求めるには、数年間の株式の値段を調べ、変動の少ない銘柄を選ぶようにしましょう。

株に関するブログ記事


株価が下がる時に周りに与える影響について

Posted on May 4, 2015 By

株価下がる

株価が下がるとどのような影響が出るのでしょうか。

投資家にとってはせっかく購入した株が下がってしまうと、それを売って儲けようとした計画が台無しですよね。

まあそのような場合は長期保有することになります。いわゆる塩漬けです。

ただ株式の価値がなくなるわけではありませんから、いずれ回復したときに売ればよいだけです。

しかし企業側にとっては様々な問題が出てきます。

株価が下がると企業価値も下がります。すると株主から強烈な突き上げが来たりするんですよね。

一体、今の経営陣は何をしてるんだ!もっと業績を上げろ!株価を上げて配当を増やせ!と言うことです。

株主が大量に集まると経営陣の刷新を動議にすることもあるので、社長以下、重役にとってはとても恐ろしいことです。

さらには市場に出回っている株式を大量に買い占めて会社を乗っ取ろうとするところも出てくる可能性があります

M&Aや敵対的買収と呼ばれるものです。
これに巻き込まれると経営どころではありません。

自社防衛のために新規株式を発行し数を増やして防衛したり、大株主を取り込むために緊急の株主総会を開いて委任状の争奪戦になったりします。

そんなことにならないよう、常日頃から営業努力を怠らないようにしなくてはいけないのですが。

ただ、株の値段と言うのは必ずしも企業の業績と直結してるわけではないため、経営陣の努力だけではどうしようもないこともあるのです。

どこかのお家騒動のような事態にならないためにも、業績を伸ばし、株価を安定させる努力は株式会社に課せられた義務と言えるでしょう。

株に関するブログ記事